深夜の火災でパクナアンの倉庫が焼失

災害



セブ島マンダウエの工場地帯で火災が発生し倉庫が焼失

2018年10月11日木曜の深夜にセブ島マンダウエ市パクナアンにある工場地帯で火災が発生し複数の倉庫が焼失した。

1時間以上続いたその火災は乾燥させた海苔を保管していた倉庫から発生したと考えらている。

火は海苔を保管する倉庫の左に位置する空き倉庫に広がり、また付近の機械工場や合成樹脂の商品を保管する倉庫群にまで広がった。

その倉庫群はかつてNgファミリーに所有されているニッシンカンパニーによって占有されていたが、現在ではバイク販売店などを含む6つの事業所にリースされている。

マンダウエ消防署の調査官は倉庫群による高い火の壁が近隣住居への火の粉の拡散を防いだのではないかと言っている。また、マンダウエ消防署は火災の原因と影響を受けた建物の被害を特定することはまだできていない。

250万ペソ分の不動産が火事で焼失

2018年10月12日

A late night fire burned warehouses that were inside a privately owned complex in Llenes Street, Zone Kalabasa Barangay Paknaan, Mandaue City, late Thursday night.

The more than an hour-long fire was believed to have started in a warehouse that stored dried seaweeds before it spread to an already empty warehouse that was located on its left side.

The fire also engulfed a nearby machine shop and a warehouse which stored plastic products.

The compound used to be occupied by the Nissin company that is owned by the Ng family but this has been leased to six different businesses including a Du Ek Sam motorcycle dealer.

Investigators from the Mandaue City Fire Department said that the compound’s tall fire wall prevented the flame from also engulfing nearby homes.

Mandaue fire investigators are yet to determine what could have caused the fire and the damage it caused on affected properties.