鉱山・地質局が鉱業活動の停止を解除

政治



セブ島(セントラルビサヤ)鉱山・地質局が鉱業活動の停止を解除

 

セントラルビサヤの鉱山・地質局(MGB-7)は、この地域における大規模採石場および工業砂利/砂利(ISAG)活動の停止を解除する命令を出した。 停止が解除されるのはセントラルビサヤで運営されている8つの大規模採石場と15のISAG企業となっている。しかし、APOセメント・コーポレーションは解除から除外された。

MGB-7の情報担当者であるマリアン・コディラは、各企業のオペレーションが安全であることが十分に近隣のコミュニティにも理解されたという。

しかし、コディラは、これらの企業が依然として鉱業技術者と地質学者の複合チームによって提出された勧告に従う必要があることを明確にした。

彼女はまた、専門家のチームがナガシティの土砂崩れに関する報告書をすでに提出していることを明らかにした。

 

 

The Mines and Geosciences Bureau in Central Visayas (MGB)-7 has issued an order lifting the suspension of all large-scale quarry and industrial sand and gravel (ISAG) activities in the region.

The suspension is lifted in eight large-scale quarry and 15 ISAG companies operating in Central Visayas. The order, however, excluded APO Cement Corporation.

Marian Codilla, information officer of MGB-7, said that it was found out that their operations are safe, especially to nearby communities.

Codilla, however, clarified that these companies still need to comply with the recommendations that were submitted by the composite team of mining engineers and geologists.

She also revealed that the team of experts has already submitted their report on the landslide incident in Naga City and it is now under peer review.