タリサイで警官含む4人が射殺

事件



ドゥテルテ大統領の薬物使用者リストに載っていた警官が射殺

 

警官を含む4人の人がタリサイ死で死亡した。その警官の名前はドゥテルテ大統領が発表した薬物使用者リストに載っていたという。

その警官はかつてミンダナオ島へ配属される前にバリリ警察署に配属していたマイケル・コルテズであると警察は発表している。

コルテズはドゥテルテ大統領が2016年に公開した現役の薬物使用者リストに入っていた。

他に殺されたのは同じくタリサイ市に住むゼニイ・ランジョスという廃品回収業者といわれている。伝えられたところによれば、ゼニイは2人の男がコルテズの車に発砲している時にその場を通り過ぎたのだという。

フィリピン麻薬戦争が引き起こした悲しき冤罪

2018年10月13日

セブ島で射殺された警官はやはり麻薬中毒者だった

2018年10月15日

Four persons, including a policeman who was included in President Rodrigo Duterte’s narcolist, were killed in a mid-afternoon shooting in Sitio Ranger, Barangay Pooc, Talisay City on Friday.

Police have identified one of the fatalities as PO3 Michael “Micmic” Cortez who used to be assigned at the Barili Police Station before he was reassigned to Mindanao.

Cortez, a resident of the nearby Barangay Biasong, is among the active policemen whose names appear on the list of narco cops which Duterte released on August 2016.

Also killed was scavenger Zenie Ranjos of Sitio San Miguel, Barangay Linao, Talisay City who happened to pass by the area when two men reportedly open fired at the Cortez’ vehicle.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/198543/cop-in-digongs-narcolist-three-others-killed-in-talisay-ambush#ixzz5Thvo4d1y
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook