民間主導型の災害マネジメント

セブ島



民間主導の災害マネジメントを導入

 

市民団体、企業、学術機関、メディア、および政府機関の代表が、金曜日(10月12日)にセブシティでAPAD(Asia Pacific Alliance For Disaster Management)と提携した。

セブ市の災害リスク軽減管理局(CDRRMO)のNagiel・Bañaia局長は、事業部門主導型のAPADは、政府に欠けている迅速な対応を期待できるだろうと語った。

セブ商工会議所(CCCI)のエグゼクティブ・ディレクターであるMay・Ybañezは、民間主導の組織であることから、APADの対応は、しばしば対応の遅れを招く官僚的なプロセスによっては行われないと語った。
Representatives of civil society organizations, business sector, academe, media, and government agencies forged an alliance with the Asia Pacific Alliance for Disaster Management (APAD)-Philippines in Cebu City on Friday (October 12).

Cebu City Disaster Risk Reduction and Management Office (CDRRMO) chief Nagiel Bañacia said the business sector-led APAD will fill in the gaps that the government responders may lack especially on the need for speedy responses.

May Ybañez, executive director of the Cebu Chamber of Commerce and Industry (CCCI), said that being a private-led organization, APAD responses will not be held by bureaucratic processes which often delay the delivery of responses.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です