フィリピンは中国よりも速い経済成長、年6%超

フィリピン



フィリピン経済は6~6.4%の成長、中国よりも速い経済成長

 

フィリピン経済の長期的な見通しは明るいものとなっている。

アトラムのハゲドルン氏:フィリピン経済は国際的および国内的な経済圧力の渦中にありながら今年6~6.4%の成長が見込まれている。また、国際金融機関による格下げにも関わらずGDP(国内総生産)は高い水準のままであると確信している。(GDPは、生産される最終財とサービスの市場価値の尺度です。)

同志は政府に資金があり、長期的に遅れをとっていた分野における投資サイクルが安定していることを指摘した。

ハゲドルン氏:6%のの成長率は国の前進を期待できる数字だ。我々は中国よりもはやく成長している。フィリピンは現在アジアで4位の国であり、この成長は今後も続いていくと考えている。というのも、投資とそれに見合った消費需要が堅調だからだ。

アジア開発銀行(ADB)は、上半期にGDP成長率が軟化したことから、2018年のフィリピンの経済成長見通しを6.4%に修正した。一方、国際通貨基金(IMF)は、GDP6.5%増加すると予想しており、7月の報告書では6.7%の見通しを下方修正した。

ハゲドルン氏は、第1次税制改革のために、物価の上昇が最小限に抑えられると予想していたが、世界市場における予期せぬ原油価格の高騰と米の逼迫した供給がインフレを導いた。

ハゲドルン氏は高インフレを一時的なものと見ており、短期的には安定すると予想している。しかし、石油価格は今後数カ月で1バレル当たり70ドルから80ドルに上昇する可能性があると述べた。

しかし、政府はこの問題を真剣に扱っていると述べ、提案された米の関税法案を通過させることは、食糧価格のさらなる上昇を緩和するのに役立つと付け加えた。

国内の圧力に加えて、世界市場のボラティリティもまた、株式市場における同国の業績に影響を与えている。

木曜日のフィリピン証券取引所(PSEi)指数は625日以来最低値まで急落し、6,884.38となった。 PSEiは昨年129日に更新した最高記録9,058.6224%下回った。昨日は7,004.77に回復した。

別のインタビューで、ディノ・ベイトCOL財務長官は、「最近の市場の落ち込みの理由は、世界市場を維持している米国市場の急激な衰退によるものだ」と述べた。急激な金利上昇や世界的な景気減速懸念のためアメリカ株は木曜日に急落した。

短期的には、6,900を下回ったため、市場は非常に激しいままでいるとベイト氏は考えている。

現在の水準では、市場は良好な価値を提示しており、この市場では中期(23年)から長期(35年)にかけてこれを利用する人にとって有益になるだろうと述べた。

ベイト氏は、株式を売るのが良い時期かどうかを問うと、「市場は売り過ぎだと思うので、売るのが良い時期ではない。市場がバウンスするのを待つことが最善だ」と答えた。

THE long-term outlook for the Philippine economy remains positive, amid the economic challenges the country is facing.

ATR Asset Management (Atram) Group chief investment officer Phillip Hagedorn yesterday said they see the Philippine economy growing between six and 6.4 percent this year amid global and domestic economic pressures.

Hagedorn said despite the downgrade in forecasts by international financial institutions, they are “pretty confident” that the gross domestic product (GDP) will remain high. GDP is a measure of the market value of final goods and services produced.

He noted that the government has money and that the investment cycle, which has long been overdue, is finally taking hold.

“That six percent is something that we could count on moving forward,” said Hagedorn.

“We are growing faster than China. We are the number four in Asia, and I think that will continue, purely because we are investing and the consumption demand is still very robust,” he added.

The Asian Development Bank (ADB) revised its economic growth outlook for the Philippines to 6.4 percent for 2018, as the country’s GDP growth softened in the first half of the year. The International Monetary Fund, on the other hand, expects the country’s GDP to grow 6.5 percent, a downward revision from the 6.7 percent estimate in its July report.

While the country expected a minimal spike of prices on consumer goods due to the first tax reform package, Hagedorn said the unexpected jump in oil prices in the world market and the tight supply in rice weren’t factored in, which led to the high inflation.

Hagedorn sees the high inflation as transitory and expects it to stabilize in the near term. He, however, said the prices of oil may remain high in the coming months–at $70 to $80 a barrel.

“But the government is treating this issue seriously,” he said, adding that passing the proposed rice tariffication bill will help mitigate further spikes in food prices.

Besides domestic pressures, the volatility of the global market is also affecting the country’s performance in the stock market.

The Philippine Stock Exchange index (PSEi) on Thursday plummeted to its lowest close since June 25 at 6,884.38. The PSEi is now 24 percent lower than its record-high of 9,058.62 last Jan. 29. It recovered to 7,004.77 yesterday.

In a separate interview, COL Financial president Dino Bate said, “The reason for the recent drop in our market was caused by the sharp decline in the US market, which was the only market holding the global markets up.” US stocks fell sharply on Thursday amid fears of rapidly rising interest rates and a possible global economic slowdown.

Bate thinks that in the short term, the market will remain very volatile, especially since it broke the critical support of 6,900.

He said that at current levels, the market is presenting good values and will reward those that take advantage of this as long as they remain in the medium (two to three years) to long term (three to five years) in this market.

Asked if it’s a good time to sell shares, Bate said, “I think the market is oversold so it’s not a good time to sell. It’s best to wait for the market to bounce.”