2019ラプラプ市長選挙にチャン氏が立候補を表明

政治



18年統治に終止符をうてるか!チャン氏がラプラプ市長選に立候補を表明

バランガイパジョ(ラプラプシティ)の代表チャン氏が2019年の市長選に立候補することを表明した。

チャン氏は現在パジョで2期目の村長を務めている。

チャン氏:立候補を決める前にオポンガノスに相談をした。

チャン氏によればオポンガノスの約90%がラダザによる18年統治の終わりを願っているそうだ。

彼の下位候補者はセレドニオに決まっており、一方で弁護士のユージンはチャン市長の元で議会議席に立候補することになっている。

ラプラプ市長選立候補のチャン氏はあくまで楽観的

2018年10月15日

Barangay Captain Junard “Ahong” Chan of Barangay Pajo, Lapu -Lapu City announces he is running for mayor in the 2019 election.

Chan, a two-termer village chief, said he conducted consultations from the Oponganons prior to his decision to run.

According to Chan, around 90 percent of Oponganons wants a change in leadership, hoping to end the 18 year-reign of the Radaza’s in Lapu-Lapu City.

His running mate will be Celedonio “Celsi” Sitoy. While, lawyer Eugene Espedido will be running for the congressional seat under Chan’s party.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/198684/chan-runs-lapu-lapu-city-mayor-2019-election#ixzz5ToaiCaDu
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook