日本植民地時代に殺害されたセブ島知事の名前が道路名に

政治



日本植民地時代に殺害されたセブ島知事の名前が道路名に採用された

条例が成立してから40年後、セブシティバランガイエルミタに位置するプログレッソストリートの名前が「ホセ S レイソンストリート」に改名された。ホセ・レイソンはフィリピンが日本の植民地だった時代に殺害されたセブの知事であった。

文化史料委員会(CHAC)のマイケルブラガ(Michael Braga)管理官は、この条例は1971年に成立したが、よく分からない理由で制定されていないと述べた。

今年、市議会は条例の施行を要請した。

After 40 years since the ordinance was passed, Progreso Street in Barangay Ermita, Cebu City has finally been renamed to Jose S. Leyson Street in honor of the late Cebuano governor who was killed during the Japanese occupation.

Michael Braga, admin officer of the Cultural and Historical Affairs Commission (CHAC), said the ordinance was passed in 1971 but was not enacted for unknown reasons.

This year, the city council requested the ordinance to be implemented.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/198689/street-ermita-renamed-late-cebuano-governor#ixzz5TogXbIgP
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook