ミロマラソン出場者が飲酒運転の車にはねられる【セブ島】

事件



セブ島・ミロマラソン大会出場者がトヨタ車にひかれ病院に搬送される

 

第42回ナショナルミロマラソン大会の主催者であるリッキー・バレステロスによればトヨタのセダンにひかれたハゼル・コンデさんは現在安定した状態にあるという。

コンデさんは現在セントヴィンセント病院で密接なモニタリング検査を受けている。

主催者のバレステロスは彼女は無事であると述べた。

コンデさんは怪我を負っているため、今後いくつかの精密検査を受けることになっている。

バレステロスは、コンデさんをひいた車の運転手がアルコールの影響を受けていたことを付け加えた。 彼はCITOM検査で陽性反応だったためPNP職員は彼に酒類検査を行った。

ミロマラソンの加害者は飲酒運転ではなかった

2018年10月15日

Hazel Conde, the runner who got hit by a Toyota sedan, is already in stable condition, according to Ricky Ballesteros, the organizer of the Cebu leg of the 42nd National Milo Marathon.

Conde is currently confined and is under close medical monitoring at the Saint Vincent Hospital.

She is safe and sound, said Ballesteros.

Conde suffered cuts and bruises and is scheduled to undergo several medical examinations for further evaluation.

Ballesteros added that the driver of the car that hit Conde was under the influence of alcohol. He had tested positive after the CITOM and the PNP personnel administered a liquor test on him.