違法薬物所有で18歳の少年を含む3人の男が逮捕

事件



違法薬物所有で18歳の少年を含む3人が逮捕、セブ島

 

3人は土曜日の夕方(10月13日)にセブシティのパルドとパリアンの警察署薬物執行部の抗麻薬作戦で逮捕された。

パルド警察署は、シメオンバス(36)と彼の仲間で同じくセブシティロンボイに住むレイモンド(18)を逮捕した。

今回の作戦にターゲットになったシメオンバスは計6つのパッキングされた”シャブ”を所有していたとして逮捕された。レイモンドからは3つのパッキングされた”シャブ”が押収された。今回押収された違法薬物の価値は約108,000円とされている。

またパリアン警察署は路上で違法薬物を販売していた54歳の男を逮捕した。

セブシティシチオカマンセに住むジメネスは警察当局によるおとり捜査で逮捕された。

この男からは18個のパッキングされた違法薬物が押収されており、約16,000円相当の価値であるとされている。

 

Three persons were collared in the anti-narcotics operations by the drug enforcement units of the police stations of Pardo and Parian in Cebu City on Saturday evening (October 13).

The Pardo police station arrested Simeon Bacus, 36, and a resident of Sitio Lomboy, Barangay Inayawan, Cebu City; and his companion Raymond Estrera,18, and a resident of the same barangay.

Bacus, who was the target of the operation, was caught in possession of one medium and five small sachets of suspected shabu. Found in Estrera’s possession were three small sachets of shabu. The operation yielded prohibited drugs with an estimated worth of P51,820.

On the other hand, the Parian police station arrested a 54-year-old man who was identified as a street-level drug pusher.

Exequiel Jimenez, a resident of Sitio Camanse, Barangay Lorega San Miguel, Cebu City, was collared by authorities after a buy-bust operation.

The Barangay Anti-Drug Abuse Council (BADAC) of Lorega San Miguel informed the authorities about the activities of Jimenez.

Seized from the suspect were 18 small sachets of suspected shabu with an estimated worth of P8,000.