行方不明だった男性がカルナザン寺院で発見される

事件



行方不明になっていたフィリピン系中国人がカルナザン寺院内で発見された

 

金曜日から行方不明になっていたフィリピン系中国人の遺体は、先日10月13日にセブシティのバランガイ・カラナザンに位置するビバリーヒルズのプー・シーアン寺院内で発見された。

マボロ警察署のアントニオ・ディン氏は、ジェイソン・リムさんと特定された被害者の左胸から銃弾が発見されたと語った。

リムさんの身体の近くには拳銃が置いてあった。

ディン氏は土曜日の午後8時頃、リムさんの遺体を発見した市民からマボロ警察署に通報を受けたと報告している。

警察の初期段階の調査によると、リムさんは自殺をはかったとされているが、殺人の可能性がないとは言い切れないとしている。

リムさんの兄弟は日曜日の朝、マボロ警察署でリムさんが金曜日から行方不明になっていることを報告していた。

ディン氏によると、リムさんの家族はグアダルーペ警察署にも彼の失踪を報告していたという。

 

The body of a Filipino-Chinese national, who has gone missing since Friday, was found inside the compound of the Phu Shian Temple in Beverly Hills, Barangay Kalunsan, Cebu City the other night (October 13).

SPO1 Antonio Din of the Mabolo Police Station said that the victim, who was identified as Jason Tui Lim, was found with a bullet wound on his left chest.

A handgun was also found near Lim’s body.

Din said that a concerned citizen called the Mabolo Police Station on Saturday to report the discovery of the victim’s body at around 8 p.m.

Based on their initial investigation, Din said, it would appear that Lim committed suicide, but they do not discount the possibility of a foul play in his death.

A man who claimed to be a brother of the victim appeared before the Mabolo Police Station on Sunday morning to inform police that Lim had been missing since Friday.

Din said that Lim’s family even reported his disappearance to the Guadalupe Police Station.