フィリピン麻薬使用者リストに載る政治家は85名に

政治



麻薬取締機関によると麻薬使用者リストの政治家は85名に減った

 

フィリピンの麻薬取締機関(PDEA)は、「麻薬中毒の政治家」の数は、8人の逮捕と死亡後に85人に減ったと指摘した。

アーロン・アキノPDEA理事長によると、麻薬中毒者とされる6400人に85人の「麻薬中毒の政治家」が含まれていた。

アキノ氏は6,000人を超える麻薬中毒者の職業リストは、すべての職業をカバーしていると述べた。

アキノ氏:「政府の公務員、一般市民、メディア関係者、有名人、陪審員など、すべてで6,000人以上にのぼります。私は大統領のもとへ行き、 “これは悪夢です。私はこの厚いリストで何をすべきか分かりません。我々はこのリストに載る全ての人を裁くべきだ。”と伝えました。」

PDEAのチーフ・アキノ氏は、フィリピン国家警察とフィリピンの軍隊に、6,400人の個人を含む全ての人を裁くようにと命令した。

アキノ氏によると、PDEAの審理プロセスは来週に始まり、最初に85人の政治家に焦点を当てる。

The number of “narcopoliticians” has been trimmed down to 85 after the arrest and death of 8 others, Philippine Drug Enforcement Agency (PDEA) said.

According to PDEA Director General Aaron Aquino, the 85 “narcopoliticians” were included in the 6,400 individuals who are part of the narcolist.

When pressed what the positions of the more than 6,000 individuals were, Aquino said that it covers all.

(It’s everything, including the uniformed service, government elected officials, civilians, even media, celebrities, judges — they’re all there in the 6,000 plus.)

(I went to the President and told him, “Sir, this is a nightmare. I don’t know what I’ll do with this thick list. I propose that we adjudicate everyone on here.)

The PDEA chief added that he told the Philippine National Police and the Armed Forces of the Philippines to adjudicate their members who were included in the 6,400 individuals.

According to Aquino, the adjudication process of the PDEA would start next week and would first focus on the 85 politicians.