ミロマラソンの加害者は飲酒運転ではなかった

事件



飲酒運転とされていた加害者からはアルコールが検出されなかった

 

日曜日に開催されたミロマラソンに出場したランナーをはねたトヨタセダン運転手のアルコール検査の結果は陰性だった。

セブ市の大学生でバランガイ・プンタ・プリンセサに住む19歳のアベル・タンジェイは、第42回ナショナル・ミロ・マラソン・セブが行われている時に、デル・ロザリオ・コーナーのヤコサレム・ストリートでエゼル・コンデさんと接触した。

頭に打撲傷害を受けたコンデさんは、セントビンセント病院に運ばれたが、後に更なる検査を受けるためにUC Medに移送された。

ミロマラソンの主催者バステロスは、事故が起こった直後に報告されたものとは対照的に、タンジェイ氏のアルコール検査からは陰性反応が出たと語った。

事故現場に駆けつけた医療チームは、タンジェイ氏のアルコール検査の結果は陽性だと報告した。しかし、セブメディカルセンターでの再検査では、陰性だった。

「セブメディカルセンターでの正式な再検査の結果は陰性だったため、それを報告する。」とバステロスは語った。

タンジェイ氏は事故の責任を負い、被害者の病院費用を負担すると約束した。

ミロマラソン出場者が飲酒運転の車にはねられる【セブ島】

2018年10月14日

The driver of the Toyota sedan that accidentally hit a runner on Sunday morning tested negative for alcohol.

19-year-old Abel Tanjay, a college student and a resident of Barangay Punta Princesa in Cebu City, sideswiped Ezel Conde along P. Del Rosario corner Jakosalem St. while she was competing in the 42nd National Milo Marathon Cebu leg.

The 22-year-old Conde, who suffered bruises and injury to the head, was brought to the Saint Vincent Hospital but was later transferred to UC Med for further medical examinations.

Milo Marathon organizers said Tanjay tested negative for alcohol, contrary to what was reported a few moments after the accident happened.

According to Ricky Ballesteros, the lead organizer of the race, Tanjay was coming from a sleepover at his classmate’s home and was headed back to his house when the accident happened.

He said that according to their initial findings, the attending medical team during the accident tested Tanjay positive for alcohol intoxication. But upon re-testing at the Cebu City Medical Center, the results were negative.

“We had the results of our team rechecked at the CCMC to make it official and the results were negative,” Ballesteros said.

Tanjay took responsibility for the accident and promised to shoulder hospital expenses of the victim.