多くのフィリピン人に葛藤を抱えさせているドゥテルテ麻薬戦争

連載・特集



ドゥテルテ大統領支持の一方、薬物使用者の超法規的殺害に反対する声も。多くのフィリピン人を葛藤させているドゥテルテ大統領が仕掛けた麻薬戦争

殺害への不安

投獄された麻薬使用者ビトイ・パラスはドゥテルテ大統領が始めた麻薬戦争の話になると声を張り上げた。多くのフィリピン人を葛藤させているそのキャンペーンのファンではないように見受けられた。

「ドゥテルテ大統領は麻薬中毒者を排除すると力強く語った。私は彼がそのような取り組みを始めてくれて嬉しく思います。」と、彼は麻薬中毒者が収監されているマニラの刑務所でAFPに話した。

「しかし私は殺害に対して不安を感じています。」刑務所の方針のために本名を明かすことは出来ないペディキャブの運転手(22)はこう言った。

殺害は支持しない

パラスの一見矛盾している支持は、数百万人のフィリピン人の声を反映している。世論調査では、取締の対象となる数千万人を除く数百万人のフィリピン人がこの取締を支持ていることがわかっている。

「いかなる手段を使ってでも中毒者を排除する」と宣戦布告した2016年中頃にドゥテルテ大統領には大きな権力がもたらされた。

それからフィリピン国家警察は、職員が自衛のために4,854人の麻薬使用者および麻薬ディーラーを殺害したと発表している。一方で、人言団体は実際は少なくともその3倍近くの死者が出ていると推定している。

SWSの最新の調査によれば、麻薬取締キャンペーンは依然として78%のフィリピン人に支持されており、この数字は1年以上も変わっていない。

麻薬戦争の支持者は定期的に統計を、国際的に非難されているこれらのキャンペーンは国民の意志によるものだという証拠として提示している。

多くの国々がこのキャンペーンを非難する中で、フィリピンでは96%の人々が賛成意見を述べている。

支持は悲劇に変わった

専門家は大統領のキャンペーンは無秩序、犯罪、国の機能障害、数百万人の貧困層、過去にかき乱された政治に対する国民の心からの怒りを利用しているものだという。

彼らは盲目的にそれを支持している訳ではないが、薬物問題に関しては真剣に不安を感じながら生きてきたとSWSのスティーブン・ルードは語る。

スティーブン・ルード:”薬物問題はフィリピンにおいて長い間深刻な問題でした。しかしいよいよ大統領がその問題解決に取り組んだ。”

“何人ものフィリピン人が実際に目の前で薬物使用者が問題を起こすところを見てきている”と、スティーブンは付け加えた。

しかしながら、ドゥテルテ大統領に投票したカサリン・バウティスタ家族は、昨年の悲劇でその信仰から目を覚ました。

バウティスタは継息子のジョン・デイビッドが殺されるまではドゥテルテ大統領のそのキャンペーンを支持していた。しかし、ジョンは警察の抗麻薬作戦で射殺された。バウティスタはジョンが薬物とは関係ないということを主張していた。

バウティスタ:”私は薬物使用で殺害された人の家族の涙は偽物だとまで言っていた。でも、自分にそれが起きた時、彼らの痛みがわかった。”

“あなたの家族に同じ悲劇が起きない限り、あなたはその現実から目を覚ますことは出来ない。”と、バウティスタは付け加えた。



致命的な方法

殺害に反対する主な理由は、愛する人が間違った場所にいるというだけで、たとえ麻薬とは関係がなくても殺されてしまう恐れがあるから。

“人々は自分の家族や親族が殺害の対象になってしまうことを不安に思っている。”と、社会学者でコラムニストのランディ・デイビッドは話した。

“違法薬物をすべて排除する上で、この方法に反対できる人などいるだろうか?今、この問題が多くの国民に投げかけられている。”と付け加えた。

 

たった1つの罪

一方、ドゥテルテ大統領は毎日の演説の中でドラッグによる脅威を口撃し、麻薬中毒者を「人間ではない」と話した。

アナリストたちは、大統領は支持を得るために明確なメッセージを繰り返し使っていると分析している。

クリスティーナ・モンティエル教授:”大統領からのメッセージはとても大きな脅威を生む可能性がある。”

“この大統領やこのキャンペーンはあなたを救うために現れた救世主だというメッセージを伝えることが、高い人気を獲得している方法だ。”と付け加えた。

キャンペーンはまだ続いているが、現時点での死者数は第二次世界対戦以降最悪の独裁者と言われたフェルナンド・マルコス政権下で殺された3,240人をはるかに上回っている。

最近大統領は、批評家から持ち出された殺害に関する厄介な発言に対してこのような発言をした。

“私の罪とはなんですか?私はお金を盗みましたか?1ペソだって盗んでいない。私が刑務所に送られた誰かを起訴しただろうか?私のたった1つの罪は、超法規殺人だけだ。”



 

UNEASY ABOUT SLAYS

Jailed drug user Bitoy Paras perks up when describing his support for President Rodrigo Duterte’s deadly war on narcotics, an unlikely fan of a campaign that has left Filipinos deeply conflicted.

“[Mr.] Duterte talks tough, saying he will get rid of addicts … I am happy he’s doing that,” he told Agence France-Presse (AFP) at Manila City Jail, which is packed with drug suspects.

“But I feel uneasy about the killings,” said the 22-year-old pedicab driver, whose real name cannot be used due to prison policy.

No support for killings

Paras’ seemingly paradoxical backing echoes that of millions of Filipinos, who polls say support the crackdown but not the thousands of slayings that are central to it.

The President’s drug war — his signature initiative — helped bring him to power in mid-2016, promising to rid society of narcotics by any means necessary.

Since then, the Philippine National Police says officers has killed 4,854 alleged drug users or dealers in self-defense, while rights groups estimate the true toll is at least triple that.

According to the latest survey by pollster Social Weather Stations (SWS), the campaign still has the backing of 78 percent of Filipinos, a figure undented in over a year.

Drug war proponents regularly point to these statistics as proof that the internationally condemned crackdown is the will of the people.

But those same polls show near unanimous agreement — 96 percent — among the nation in opposition to the killing, saying the suspects should be taken alive.

Backing turns into tragedy

Experts say the President’s campaign has tapped into genuine popular outrage over disorder, crime and dysfunction in a developing nation with millions of poor people and a turbulent political past.

“It’s not like they’re turning a blind eye [to the killing] but they’re really worried about the drug problem,” said Steven Rood, a fellow in residence at SWS.

“It has been a problem for a long time and finally the President of the Philippines is doing something about it,” Rood added, describing how many Filipinos view the narcotics issue.

But for the family of Duterte voter Katherine Bautista, that belief was suddenly turned on its head by tragedy last year.

Bautista supported the crackdown until her stepson, John Jezreel David, was shot dead in what police said was an antidrug operation although she insisted John was not a drug user.

“I was even saying that the tears of families [of those killed] seemed fake. But when it happened to us, I felt the pain they were feeling,” Bautista told AFP.

“If it doesn’t happen to your family, you won’t wake up to the truth,” she added.

Lethal methods

A significant strand in the opposition to the killings is the fear a loved one could be slain just by being in the wrong place, not necessarily because of involvement in drugs.

“People feel very afraid that their families or their relatives might be placed in a situation where they could be the targets,” Randy David, a sociologist and a columnist for the Philippine Daily Inquirer, told AFP.

“But how can you possibly disagree or not lend support for a campaign to rid this country of illegal drugs?” David added, saying the lethal methods were what prompted questions.

There has been broader condemnation of the crackdown at home and abroad.

Rare protests were held in the Philippines last year following the deaths of teenagers, while outrage over alleged abuses has prompted the Preisdent to twice remove police from the front lines of the campaign — only to reinstate them, and promise to pardon officers convicted of murder.

The International Criminal Court has launched a preliminary examination into the killings, while rights groups say the President may be overseeing a crime against humanity.

‘My only sin’

Meanwhile, the President hammers the menace posed by drugs in near daily speeches in which he has described addicts as “not human.”

Analysts say the President uses clear and repeated messaging in an effort to buttress backing for his campaign.

“The way [the message] is delivered is that there is a very big threat, so first there’s the production of massive fear,” said Ateneo de Manila University psychology professor Cristina Montiel.

“Then [comes] the salvific message that this program or this leader is here to save you,” Montiel added. “That’s how popular support is produced.”

As the campaign continues, the death toll is well over Amnesty International’s count of 3,240 people killed during the nine years of martial law rule under dictator Ferdinand Marcos, the country’s darkest chapter since World War II.

The President recently addressed the thorny issue of the killings, delivering what critics called a clear admission they were suspect.

“What are my sins? Did I steal money? Even just P1? Did I prosecute somebody I sent to jail?” he asked in a speech in September. “My only sin is extrajudicial killings.”