ラプラプ市長選立候補のチャン氏はあくまで楽観的

政治



パジョの村長チャン氏は、PDP-Labanの支援を得て、ラプラプシティの市長選で優勝すると確信している。

チャン氏はインタビューで、与党からの指名と受諾(CONA)の認定をすでに受けていると述べた。

チャン氏はそれらが選挙キャンペーンを強化することを期待している。

村の長官は、オオガング族の大半は、市内のリーダーシップの変化を望んでいると語った。

2019ラプラプ市長選挙にチャン氏が立候補を表明

2018年10月13日

With the support of PDP-Laban, Pajo Barangay Captain Junard “Ahong” Chan is confident that he will win the mayoral race in Lapu-Lapu City.

In an interview, Chan said he already received a Certification of Nomination and Acceptance (CONA) from the ruling party.

Chan is hopeful that it would boost his campaign.

The village chief said most of the Oponganons wanted a change of leadership in the city.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/198935/chan-optimistic-win-mayoralty-race-lapu-lapu-city#ixzz5U0VH0YYB
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook