セブ市内全域でペットボトルの使い捨てを禁止に

ライフスタイル



セブ市内全域でペットボトルの使い捨てを禁止に

セブシティ環境・天然資源局(CCENRO)は現在、全市を挙げてプラスチックの使い捨ての禁止を拡大することを目指している。

CCENROニダ・カブレラ議長は、市長室では、セロファン、家庭用品、ストロー、ボトルなどのプラスチック用品の使い捨てを禁止する条例案を起草していると述べた。

セブ市政府は市役所ではプラスチックの使い捨て禁止を実施している。

“これは相談に値する議題です。 市長室から起草された案を私たちは見直し、固形廃棄物管理委員会の議題に含めました。”とカブレラ氏は述べている。

同議長は、”10月26日にこの提案について一般市民との協議が予定されている”と付け加えた。

 

The Cebu City Environment and Natural Resources Office (CCENRO) is now eyeing to expand the ban of single-use plastics city-wide.

CCENRO head Ma. Nida Cabrera said the Office of the Mayor has drafted a proposed ordinance to ban single-use plastics such as cellophane, utensils, straws, and bottles in the city.

The Cebu City Government is implementing a ban of single-use plastics in city hall.

“This is subject for consultation. It was drafted from the Office of the Mayor. We’re reviewing it and included it on the agenda of the Solid Waste Management Board,” said Cabrera.

She added that a public consultation is expected this October 26 on the proposal.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/198912/ccenro-eyes-city-wide-plastic-ban#ixzz5U0WWWCEw
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook