セブ島マンダウエで麻薬中毒者が殺害される

事件



マンダウエ市で麻薬中毒者が殺害される。麻薬戦争か

 

10月16日(火)午前1時、マンダウエ市のBarangay GuizoにあるA.C. Cortes Avenueでバイクに乗った正体不明の容疑者に麻薬中毒者が殺害された。

ウェンデル・タンポス(38歳)は、数発の銃弾を浴びて死亡した。

セントロ警察署長アルドリン・ヴィラカンパ:”バランガイ・パクナアンに住むタンポスは路上で、突然現れたバイクに乗った二人組に数発撃たれた。”

警察はまだタンポスを殺害した容疑者と殺害の動機を特定できていない。

ヴィラカンパは、タンポスは2015年に麻薬中毒に陥ったと付け加えた。

現場に駆けつけた警察官は、犯行現場で45口径のピストルから4つの使用済みカートリッジを回収した。

ヴィラカンパは殺害が薬物関連であったという可能性は否定できないと述べた。



Drug surrenderee killed in Mandaue City

A drug surrenderee was gunned down by still unidentified suspects riding on board a motorcycle while along A.C. Cortes Avenue, Barangay Guizo, Mandaue City at past 1 a.m. on Tuesday (October 16).

Wendel Tampos, 38, died from multiple gunshot wounds on his body.

Tampos, a resident of VAMO in Barangay Paknaan, was standing on the road when the motorcycle tandem suddenly appeared and shot him several times, said Chief Insp. Aldrin Villacampa, Chief of Centro Police Station.

Police are yet to identify Tampos’ gunman and the motive for his killing.

Villacampa said that Tampos surrenderred in 2015.

Responding policemen recovered four spent cartridges from a .45 caliber pistol at the crime scene.

Villacampa said they do not discount the posibility that the killing was drug-related.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199105/drug-surrenderee-killed-mandaue-city#ixzz5U46LhL3y
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook