【2019年セブ島知事選】現知事ダビデは副知事に、マグパールが知事に立候補

政治



2019年知事選、マグパールが知事に立候補 現知事ダビデは副知事に立候補を表明

セブ州知事ヒラリー・ダヴィデ3世は、2019年の選挙で副知事への立候補を発表した。

ダビデ氏は、10月16日(火)にセブ州選挙管理委員会の事務所で候補者証明書(COC)を提出した後、発表を行った。

「アンコール・デシジョンは、州の人々のためのものだ」とダビデ氏は語った。

アグネス・マグパール現副知事が州知事に立候補する予定だ。

マグパールは、次回の選挙で同じ立場のグウェンドリン・ガルシア第3地区代表と対峙する。

マグパールは早くに政治から引退する方針を表明していたが、ダビデ現知事の申し出が彼女の政治家続投を決定付けた。

国民党連合(NPC)からの推薦と受諾(CONA)の証明書が発行されていないため、マグパールはまだCOCを提出していない。

マグパールは記者会見で記者団に対し、「私にとって非常に良い機会だ。」と語った。

ダビデ現知事:”2019年にアグネスの勝利を確かなものにするために、できる限り協力する。”



Magpale to run for governor, Davide for vice governor in 2019 elections

Cebu Provincial Governor Hilario Davide III has announced his bid for the vice gubernatorial post in the 2019 elections.

Davide made the announcement after he filed his certificate of candidacy (COC) on Tuesday (October 16) at the office of Commission on Elections- Cebu Province.

“Ang akong desisyon is for the people of the province,” Davide said.

It will be Vice Governor Agnes Magpale who will run for provincial governor.

Magpale will be facing Third District Representative Gwendolyn Garcia for the same position in the upcoming elections.

While Magpale expressed her plan to retire from politics earlier, she considered the offer of Gov. Davide to continue his principles of governance.

Magpale has yet to file her COC tomorrow since her Certificate of nomination and acceptance (CONA) from the Nationalist People’s Coalition (NPC) has not been issued.

“I have a very good chance,” Magpale told reporters in a press conference.

“Kutob sa akong mahimo motabang gyod ko to secure Agnes’ victory in 2019,” Davide said.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199126/magpale-run-governor-davide-vice-governor-2019-elections#ixzz5U4NnUxfd
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook