【セブ島土砂崩れ】地質学者が現場の調査を再開した

災害



フィリピン・セブ島で発生した土砂崩れの現場調査を地質学者が再開した

 

鉱山・地質局(MGB)の他の地質学者チームがナガ市の土砂崩れの再調査を実施している。

ナガ市長クリスティン・ヴァネッサ・チオンは、チームは先週日曜日に到着したと語った。

チームは、エリアのどの部分が危険であるかを判断する。

バランガイティナンの土砂災害被害者は避難所に残されたままとなっている。

Another team of geologists from the Mines and Geosciences Bureau (MGB) is conducting an assessment at the landslide area in Naga City.

City of Naga Mayor Kristine Vanessa Chiong said the team arrived last Sunday.

The team will determine which parts of the area are unsafe.

The landslide victims in Barangay Tinaan remain at the evacuation centers.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199150/geologists-reassess-landslide-area-naga-city#ixzz5U4nTWFRO
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook