警察が選挙立候補者のプロファイリングを開始

政治



警察セントラルビサヤ事務所(PRO-7)が立候補者のプロファイリングを実施

警察セントラルビサヤ事務所(PRO-7)が2019年に行われる選挙立候補者のプロファイリングを実施している。

PRO-7のチーフデボルド・シナスはCamp Crameから選挙が近くに連れて武装集団の弾圧をするようにという命令を受けた。

シナスは、一般市民が候補者のバックグラウンドを知って賢明に投票できるようになると良い。と語った。

 

【比・セブ島】ドラッグマネーが選挙の資金源になる可能性とは

2018年10月17日

比・セブ島の選挙候補者に抜き打ち薬物検査

2018年10月18日



The Police Regional Office in Central Visayas (PRO-7) is conducting a profiling of candidates to determine whether or not they have private armed groups.

Chief Supt. Debold Sinas, director of PRO-7, said they received a directive from Camp Crame to crack down armed groups as the election approaches.

Meanwhile, Sinas expressed support over the move of the Department of Interior and Local Government (DILG) to give the Commission on Election a list of narcopoliticians.

Sinas said it is good for the public to know the background of the candidates so they can vote wisely.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199154/pro-7-conducts-profiling-election-candidates#ixzz5U4x9Tx2r
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook