セブ島で多発している殺人事件について副市長が警告

ニュース



副市長がセブ島で多発している殺人事件について一般市民に警告をした

セブシティにおける殺害の取り調べは良好だが、セブシティ副市長エドガー・ラベラは一般市民にまだ結論を出すべきではないという忠告をした。

警察に責任を追求することやセブ市長のオスメニャが一枚噛んでいるというような非難は良いことではないと彼は述べた。

一方で、オスメニャは市の安全強化を目指している。

フェイスブックの投稿では、市長は、街灯を必要としている地域を特定するためのホットラインを設ける予定であると述べた。



While a Senate inquiry into the killings in Cebu is good, Cebu City Vice Mayor Edgar Labella cautioned the public not to make any conclusion yet.

He said it is not good to blame the police or accuse them of having a hand in the killings as what Cebu City Mayor Tomas Osmeña is doing.

Meanwhile, Osmeña is eyeing to beef up security measures in the city.

In a Facebook post, the mayor said he is planning to establish a hotline to determine which areas are in need of street lights.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199156/labella-urges-public-not-make-conclusions-spate-killings#ixzz5U5WUeteU
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook