【セブ島】20歳の青年が警備員と口論の末、射殺

事件



【セブ島】20歳の青年が警備員と口論の末、射殺される

10月16日火曜日午前3時、セブ島コンソレーション町ピトゴ橋の近くの食品工場で、警備員と口論の末、胸を撃たれて男性が死亡した。

犠牲者は北サマールのカタルマンに住む20歳ドミナドル・ミジャレスと識別された。

コンソレーション警察署のPO2 サタニオ・イノックによると、警備員ジョナス・カベラス(30歳)が叱責したときにはミジャレスは泥酔していたという。

ミジャレスはカベラス警備員のボロを指摘した。これにより発砲した。

被害者はメンデントメディカルセンターに運ばれた。

一方、カバレスは、発砲の後、彼の同棲相手と逃走した。

 



A man sustained a gunshot wound on the chest after a heated argument with a security guard at around 3 a.m. on Tuesday (October 16) in a food establishment near Pitogo Bridge, Consolacion town, Cebu.

The victim was identified as Dominador Mijares, 20, a resident of Catarman, Northern Samar.

According to PO2 Saturnino Inoc of Consolacion police station, Mijares was intoxicated when security guard Jonas Caballes, 30, reprimanded him.

Mijares then pointed his bolo at Caballes. This prompted the security guard to fire a shot at the victim.

The victim was brought to Mendero Medical Center.

Meanwhile, Caballes has fled with his live-in partner after the shooting incident.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199160/man-shot-security-guard-consolacion#ixzz5UB2Ov5pK
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook