セブ島弁護士エステンツォが第六地区で立候補

政治



セブ島の弁護士エステンツォが第六地区で立候補

元法律学院の学長は、2019年の選挙でセブの第六地区代議員に出馬するべく候補者証明書(COC)を正式に提出した。

セブ大学法律学部の学長を務めた弁護士バルドメロ・エステンツォは議員に立候補する。

彼は、元マンダウエ市議会議員エマリエ・ロリポップと議員ポストを奪い合うことになる。

エステンツォは、現職マンダウエ市長のガブリエル・ルイス・クスビスと同盟を組んでいる。

エスタンツォ氏は、マンダウエ市を特別区にすることのほかに、教育とスポーツのプログラムにフォーカスすると述べた。

ロリポップの当選でマンダウエは市から区へ

2018年10月15日



A former law school dean has formally filed his certificate of candidacy (COC) for Cebu’s sixth district representative in the 2019 elections.

Lawyer Baldomero Estenzo, who served as dean of the College of Law of University of Cebu-Banilad Campus, will run for the congressional post.

He will be facing Former Mandaue City Councilor Emmarie “Lolypop” Ouano-Dizon as a contender for the post.

Estenzo is allied with Incumbent Mandaue City Mayor Gabriel Luis Quisumbing.

Aside from creating the lone district of Mandaue City, Estenzo said that he will prioritize education and sports programs.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199297/estenzo-files-coc-sixth-district-representative#ixzz5UB5luIU0
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook