【比・セブ島】ドラッグマネーが選挙の資金源になる可能性とは

政治



麻薬密売組織は、彼らの違法取引を保護してくれる可能性がある選挙候補者に多大な資金援助をする予定だ。

セントラルビサヤ警察事務所のチーフ、デボルド・シナスは、候補者が麻薬密売組織から資金援助を受けないように監視していることを公表した。

シナス氏はまた、選挙が近づくにつれて麻薬密売組織からの資金が激増するとも述べている。

警察が選挙立候補者のプロファイリングを開始

2018年10月16日

比・セブ島の選挙候補者に抜き打ち薬物検査

2018年10月18日



To continue their illegal operations, drug personalities will be releasing huge sums of money to finance candidates who can protect their activities.

This was the statement of Chief Supt. Debold Sinas, director of Police Regional Office in Central Visayas, who confirmed that they are monitoring the activities of candidates to make sure they would not use money from narcotics’ group.

Sinas also said that money from illegal drug groups will proliferate as the elections draw near.

Read more: http://cebudailynews.inquirer.net/199346/sinas-drug-money-fuels-election-campaign#ixzz5UCSUwnjR
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook