比・セブ島の選挙候補者に抜き打ち薬物検査

ニュース




フィリピンの麻薬執行機関(PDEA)は2019年の選挙候補者に抜き打ちの薬物検査を受けること望んでいる。

PDEA理事長アーロン・アキーノ(Aaron Aquino)は、水曜日(10月17日)に同計画を発表し、薬物に関わる候補者を特定した。

フィリピン国家警察(PNP)が主導し、薬物検査を実施する際に支援を提供すると、中央ヴィサヤ(PRO-7)の警察地域事務所の責任者であるデボルド・シナスは述べた。

シナスは、薬物検査で陽性となる候補者の名前は公然と公表されると警告した。

警察が選挙立候補者のプロファイリングを開始

2018年10月16日

【比・セブ島】ドラッグマネーが選挙の資金源になる可能性とは

2018年10月17日

 



The Philippine Drug Enforcement Agency (PDEA) wanted candidates in the upcoming 2019 elections to undergo a surprise drug test.

PDEA Director General Aaron Aquino announced on Wednesday (October 17) the same plan in order to identify candidates involved with drugs.

Chief Superintendent Debold Sinas, director of the Police Regional Office in Central Visayas (PRO-7), said that the Philippine National Police (PNP) supports the initiative and will render assistance in conducting the drug tests.

Sinas warned that the names of candidates who will test positive in the drug test will be divulged publicly.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199500/sinas-supports-plan-require-candidates-undergo-drug-test#ixzz5UH2fxOke
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook