セブ島で27歳の男性が射殺されるが犯人は不明

事件


10月18日午前10時頃に拳銃発砲の容疑がかかっていた27歳の人物が殺害された事件の犯人は未だに特定されていない。

シボンガ警察署上級警察官アントニオ・サンチェスは殺害された人物をシチオバハイに住むジョンレイ・カバレロ(27)と特定した。

カバレロはバランガイホールへ視聴会に出席した帰りに射殺された。

少なくとも2人の人間がバイクに乗っていたことは目撃者の証言によって分かっている。

カバレロは複数の銃弾を体に浴びており、それが彼の死に至らせた。



Authorities in Sibonga town, Cebu are still clueless on the identity of the assailants who killed a 27-year-old suspect for illegal discharge of firearms in Barangay Bahay at past 10 a.m. on Thursday (October 18).

Senior Police (Spo3)Antonio Sanchez, duty desk officer of Sibonga Police Station identified the dead person as Jhonrey Caballero, 27, and a resident in Sitio Liboo of the same barangay.

Caballero was shot after he attended a hearing at the barangay hall concerning the allegations against him.

At least two unidentified assailants riding on board a motorcycle were seen by witnesses in the area.

Caballero sustained multiple gunshot wounds which resulted to his death.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199648/man-killed-by-unidentified-assailants-in-sibonga#ixzz5UOwXEBuA
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook