モアルボアルで少年を刺した容疑者は尚も逃亡中

事件




セブ島モアルボアルで未成年者を刺した15歳の容疑者は、未だに逃走中だ。

16歳の被害者は現在、ビセンテ・ソト記念メディカルセンター(VSMMC)で入院している。

グレード10の生徒である容疑者の両親は、子供を警察に連れてこなかった。

容疑者は木曜日(10月18日)に被害者を刺す前に、被害者の弟と殴り合いの喧嘩をしていた。

モアルボアルで未成年同士の喧嘩、片方は刺され緊急搬送

2018年10月19日



The 15-year-old suspect in the stabbing of a minor in Moalboal town, Cebu remains at large.

The victim, who is 16 years old, is now confined at Vicente Sotto Memorial Medical Center (VSMMC).

The parents of the suspect, who is a Grade Ten pupil, failed to surrender their child to the police.

The suspect engaged in a fistfight with the younger brother of his 16-year-old victim before he stabbed the victim on Thursday (October 18).

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199662/minor-suspect-in-stabbing-incident-still-at-large#ixzz5UP5LhAjH
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook