セブ島ドライバーの法外な料金請求を処罰する方針

ニュース



Land Transportation Franchising and Regulatory Board in Central Visayas (LTFRB-7)のエドゥアルド・モンテアルト(Eduardo Montealto)局長は、不当な値段を要求する運転手に警告している。

モンテアルトは、新たに認可された2ペソ運賃の引き上げには中央ヴィサヤの運転手も含まれていないと述べた。

不当な値段を要求した運転手は、5,000ペソから15,000ペソの罰金、またはフランチャイズの契約を解約される可能性がある。

モンテアルトは通勤者に、就労前に法外な料金を要求されたら運転手に対して苦情を申し立てるように通告した。



Land Transportation Franchising and Regulatory Board in Central Visayas (LTFRB-7) Director Eduardo Montealto has warned Cebu drivers against overcharging their passengers.

Montealto said that the newly approved P2 fare increase does not also include drivers in Central Visayas.

Those caught overcharging may face fines ranging from P5,000 to P15,000, or the cancellation of their unit’s franchise.

Montealto urged commuters to lodge a complaint against abusive drivers before their office.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199676/drivers-warned-against-overcharging-passangers#ixzz5UP7XFytQ
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook