フィリピンで3番目にHIVの症例が多いセブ島

ライフスタイル



セブ州青少年委員会(PYC)は、州の様々なバランガイでのメンタルヘルスおよびヒト免疫不全ウイルス(HIV)の認識に関するインフォメーションキャラバンの先頭に立つ予定だ。

PYCの委員長とセブ州バランガイ・アシスタントの責任者を務めるジェームス・カナイは、情報提供は青年にうつ病の真実を伝えることを目的としていると語った。

PYCはまた、州保健局(PHO)のHIV /エイズ担当者であるジュン・サルガド(Jun Salgado)に、若者の健康状態について話し合うよう依頼する予定だ。

カナイは、中央ヴィサヤがフィリピンのHIV感染者数の3位にランクインしていることを明らかにした。 中央ヴィサヤでは、セブで最も多くの症例がある。



The Cebu Provincial Youth Commission (PYC) is set to spearhead information caravans on mental health and human immunodeficiency virus (HIV) awareness in different barangays of the province.

James Canoy, who serves as the president of PYC and head of the Cebu Provincial Barangay Affairs, said that their information drive aims to tell the youth the truth about depression.

The PYC will also ask Jun Salgado, focal person for HIV/AIDS of the Provincial Health Office (PHO), to discuss the health condition to the youth.

Canoy shared that the Central Visayas ranked third among regions in the Philippines in the number of HIV cases. Cebu has the most number of cases in Central Visayas.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199686/pyc-to-focus-on-mental-health-hiv-awareness#ixzz5UPCN8CgO
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook