セブ島・刀狩令で123の武器が返納される

ニュース



セブ島・刀狩令で123の武器が返納される

トレド警察によると、78日以内に合計123の銃器が回収された。

トレド市警察の長官ランディ・コレットはバランガイの職員、ビジネスマン、退職した警察官と市の住民が自発的に銃器を返納したという。

コレット長官は市民の行動を、都市の平和と秩序を維持する活動だと賞賛した。

トレド市のジョイ・ペレス議長はまた、銃器放棄に対するキャンペーンを支持したと語った。




A total of 123 loose firearms were surrendered within 78 days said Toledo Police.

According to Police Supt. Randy Korret the chief of Toledo City Police, barangay officials, businessmen, retired police officers and residents in the city voluntarily surrendered the firearms.

Korret commended the action made by the residents so as to maintain peace and order in the city.

Toledo City First Councilor Joy Perales also said that he supported the campaign against loose firearms.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/199818/123-loose-firarms-surrendered#ixzz5USSychvd
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook