セブ島でドラッグ使用・売買の疑いがあった男が射殺された

事件



21日の男は、月曜日の午後(10月22日)、セブシティのシティコンチネンタルバランガイ・デュルホファチマで死亡した。

身元不明の男が彼に射撃したとき、犠牲者のエドワード・ヒューゴは家の外に座っていた。

犠牲者は頭部と体に銃弾を浴び、死亡した。

ランディ・カバレス(Mambaling警察署長)は、被害者殺害の動機を調査していると語った。

バランガイ・デュルホファチマキャプテンエルマー・アベラは、犠牲者が以前は薬物使用者と売り手として報告されていたことを明らかにした。




A 21-year-old man was shot dead in Sitio Continental Barangay Duljo-Fatima, Cebu City on Monday afternoon (October 22).

Edward Hugo, the victim, was sitting outside his house when an unidentified man fired shots at him.

Hugo sustained wounds on his head and other parts of his body which resulted to his death.

Chief Insp. Randy Caballes, Mambaling police station commander, said they are now investigating the motive in the killing of the victim.

Duljo-Fatima Barangay Captain Elmer Abella revealed that the victim was reported previously as a drug user and seller.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/200171/man-killed-by-unknown-gunman-in-mambaling#ixzz5UjbaZVU3
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook