セブ島警察署長、警察がドラッグ使用者を殺害していることを示唆か?

事件



セブ島でも未だに続くドゥテルテ大統領の麻薬戦争。警察が麻薬使用者を殺害していることを示唆か?

10月23日午後6時頃、マンダウエのアランアランバランンガイで保釈されていた55歳の男が正体不明のバイクに乗ったヒットマンに撃たれて死亡した。

ダニロ・オリバーは、複数の銃弾を体に浴びたのちに死亡した。

事件を担当している上級警察官のグレゴリオ・キャビザレスは、犠牲者が道端にいるときにヒットマンが突然犠牲者を複数撃ったと述べた。

ヒットマンはフルフェイスのヘルメットを被り、襲撃後はA.C.Cortes Avenuへと逃げていった。

犠牲者のオリバーからは24個のシャブと思われる小さなパックと1つのミディアムサイズのパック、麻薬を使用する際に使われる器具そして銃器が押収された。

セントロ警察署の署長アルドリン・ビラカッパによると、オリバーは違法薬物所持で昨年末に逮捕されていたが、保釈金を支払えたため現在は保釈されていたと述べた。

ビラカッパは、オリバーは保釈金を支払ったにもかからわず違法薬物取引に関与していたため麻薬使用者リストに載っていた。と付け加えた。

当局は現在事件の操作を行っている。




A 55-year old drug personality who was out on bail was gunned down by unidentified motor-riding assailants at past 6 p.m. on Monday near his residence at P. Burgos St., Barangay Alang-Alang, Mandaue city.

Danilo Olivar died on the spot after he sustained multiple gunshot wounds in the head and all over his body.

SPO3 Gregorio Cabizares, the investigator of the case, said the victim was merely standing along the road when the assailants suddenly shot him several times.

The assailants, who were wearing full-faced helmets, then sped off towards A.C. Cortes Avenue.

Also recovered from the victim Olivar were 24 small and one medium-sized packs of suspected shabu, drug paraphernalia, and a firearm.

According to Chief Inspector Aldrin Villacampa, head of Centro Police, Olivar was nabbed for possession of illegal drugs late last year, but he was able to post bail.

Villacampa added that despite the bail, Olivar remained in their drug watchlist as he was allegedly back on his illegal activities.

Authorities are currently investigating on the matter.

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/200349/drug-personality-gunned-down-in-mandaue-city#ixzz5Up2kwieq
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook